2018年04月25日

韓国ドラマ「ソロモンの偽証」〜校内で開かれる裁判で事実が明らかに・・・

アンニョンハセヨ〜♪

今回はラブロマンスでもなく、ミステリードラマ。
「ソロモンの偽証」
soromon.jpg

宮部みゆきさんの小説をもとに作られた作品。
日本でも映画になったようですね。

ある事故?事件が起こり、学校内で生徒たちによって
裁判が行われ、隠された真実が暴かれていく。

ソウ(ソ・ヨンジュ)と不良のウヒョク(ペク・チョルミン)が
喧嘩しているところを学級委員長のソヨン(キム・ヒョンス)が目撃。

その2週間後にいつもより早めに登校したジュニョン(ソ・ジフン)が
花壇の所に何かを見つける。

なんと、死んでいるソウだった。
そして、ソヨンも一緒に目撃してしまいます。

実は見つける前にジュニョンが見たのは泣いてるジフンの姿。

なんだろうと思いながらも気にしていなかったのだが・・・。

スクリーンショット 2018-04-23 19.21.35.png

ベテラン勢から新人まで幅広く出演しているこのドラマの中で、
私が注目したのはイ・ジフン君。

「シグナル」でデビューしたばかりだったんですね。
あのドラマではヘヨンのお兄さんを犯人に仕立てた
悪の張本人(少年時代)の役でした。

スクリーンショット 2018-04-25 18.22.33.png
なかなかシュッとした二枚目でしょ?

これから色々な作品に登場しそうです^^
(すでに目撃いたしました〜^^)

さて本題に戻しますが、
ソウが死は学校やマスコミも大騒ぎ。

警察はソウが自殺したと結果を出すのですが、
ソヨンのもとにソウは自殺ではなく、
ウヒョクに殺されたんだとする
告発文が送られてきます。

スクリーンショット 2018-04-25 18.26.51.png

マスコミにも流れ、報道されるのですが、
学校側はなかったことにしようとするのです。

その関連で事故や事件が起こり、
このままではいられないとソヨンたちが立ち上がります。

「チョングク高校の番人」という謎の人物からメッセージが届き
学校内で署名を集めます。
学校の構内で裁判を開こうというのです。

スクリーンショット 2018-04-25 18.28.05.png

裁判官、弁護人、検事の役になり真相を明らかにしようとします。
そして、チョングク校の生徒ではない、ジフンも参加することに。

スクリーンショット 2018-04-25 18.32.32.png

学校側の反対を押しのけ、ついに裁判が開かれます。

ウヒョクが屋上からソウを突き落としたのを目撃したというジュリ。

スクリーンショット 2018-04-25 18.35.46.png

ウヒョクの友達も事件が起こった時間、
ソウとは一緒にいなかったと証言したり。

ウヒョクの立場はどんどん悪くなる一方。
ウヒョクはたくさんの生徒に嫌がらせやいじめなども
行ってきていました。
スクリーンショット 2018-04-25 18.34.33.png

やはりウヒョクが犯人なのか?!

しかし、これには裏があったのです。


その陰で学校の不正が発覚しようとしていました。

それは「裏口入学」に関することで、
偶然、ソウが目にしていたものがこの事件に
関係していたのです。

それぞれが抱える心の闇も見えてきて・・・。

チョングク財団の法務部長でジフンの父のギョンムンが
鍵を握っていました。
スクリーンショット 2018-04-25 18.39.55.png

ジフンも事件当日に起こった事を話し始めます。

そして真相が明らかになっていくのです。
スクリーンショット 2018-04-25 18.43.31.png


学校内で生徒が死んでいた、という衝撃的なところから
始まったこのドラマ。

生徒たちの人間模様も浮き彫りになり、
知らなかったお互いの気持ちにも気づく。

生徒たちを子供扱いし、学校内で起こったことも
もみ消そうとする大人たちのエゴ。

生徒たちは自分たちでできるという自信も持てて
一歩大人になったんじゃないでしょうか。

なかなか引き込まれていく面白いドラマでした。



posted by ちょあミント at 19:23| 大阪 ☁| Comment(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする