韓国ドラマ「オンエアー」放送業界の裏側〜パク・ヨンハssi

アンニョンハセヨ〜。

今は亡き、パク・ヨンハさん主演。

韓国の放送業界やエージェントなどの裏側をリアルに描いた作品です。

なかなか、興味深い作品だと思います。

女優さんたちのファッションを見るのも楽しいです。

カメオ出演もあります♪

韓国ドラマ『オンエアー』

スクリーンショット 2016-08-24 17.29.14.jpg

演技大賞候補の女優オ・スンア(キム・ハヌル)は、ドラマの相手役だったチョ・ヨンウと
賞が同時受賞なんだと聞き、会場で受賞を拒否。

なんとかなだめようと間に入ったイ・ギョンミン、SBCのプロデューサー(パク・ヨンハ)。
しかし、スンアにビンタされてしまいます。

そして、小さな芸能事務所の社長、チャン・ギジュン(イ・ボムス)は、
大事に育てた新人のチェリーをスンアの事務所に奪われてしまい、
社長を探し、走り回っていました。

番組編成のため、ギョンミンはスター脚本家のヨンウン(ソン・ユナ)に
要請を出すのですが、ギョンミンの印象が悪く、断ってしまいます。

局長の命令で、ヨンウンを追って、台湾へと向かうのですが、
説得に、失敗し帰国。

スクリーンショット 2016-08-24 17.29.42.jpg

ギョンミンは、いつも厄介な仕事を押し付けられていました。

説得に失敗したことで、局長に辞表を提出させられるのですが、
ヨンウンが書いた作品「チケット・トゥ・ザ・ムーン」の著作権が
SBCのものだからとドラマ制作をすることに。

ヨンウンは作品が奪われたと思い、急いで韓国へ戻ってきます。

一方、スンアは事務所の社長サンウのやり方に嫌気がさし、
ギジュンと契約を交わしてしまいます。

実は、昔スンアのデビュー前に会っていたのですねえ。
スクリーンショット 2016-08-24 17.34.43.jpg

彼女がまだ高校生だった頃に、詐欺まがいのスカウトを受け、
危ういところで、ギジュンが救っていたのでした。

前事務所の社長サンウは、スンアの知らない間に、映画出演を決めていて、
その契約が残っているから事務所との契約も切ることはできない、
とスンアを奪い返そうと復讐を企てるのです。

犬猿の中だったスンアとヨンウンですが、なんとかドラマに出演することが決定。

ロケ地に選んだ台湾で、ロケハンに行ったギョンミンとヨンウン、スンアが
微妙な感じに・・・。

前事務所の社長サンウは、復讐するために、出資し、チェリーをドラマに出演させます。

実は、スンアは人気女優ではあるのですが、演技力はイマイチ。
自分でも、わかっているので相手役にはトップスターでないとダメだ、
とわがまま言ったりします。

チェリーが主役のようになりかけたら、自分が主役じゃないと嫌だと言ったりします。

新進気鋭の女優と、ベテラン女優、そして、人気はあるけど、
実力が伴ってない女優のバトルも。

無事にドラマが進み、スンアやチェリー、ギョンミン、ヨンウンたちの
心も変化が現れてきます。

放送業界は視聴率が全て!

脚本家やプロデューサーはいつもヒヤヒヤ。

視聴率が下がると、俳優たちは、脚本が悪いと言い、
脚本家は、出演者の演技のせいにしたりと・・・。

スクリーンショット 2016-08-24 17.34.34.jpg

その間にもサンウは、いろいろ策略を練って、脅してきたりするのです。

そして、ギジュンは、スンアのためにも他の事務所との合併を進め、

スンアを残して、海外へと旅立ってしまうのですが・・・。

寂しく思うスンアは、ギジュンへの気持ちに気付き、

戻ってきたギジュンの元へ。

帰国したギジュンは、空港で、スンアがハリウッドへ進出するための
下準備をしていたと発表し、
これから二人でハリウッドへ旅立つことも記者たちに告げるのでした。

そして、ギョンミンとヨンウンも・・・。

それぞれの個性が光り、引き込まれるドラマでした。

韓国放送業界の裏側を見れて、おもしろかったです!

パク・ヨンハさん、亡くなってしまって本当に残念です。

もっと、いろいろ観てみたかった俳優さんですよね。

ご冥福をお祈りします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村



韓国ドラマ ブログランキングへ



  シンプル大人ファッション・韓国OJLUXURY




 内から輝く・核酸サプリ、リティアが選ばれる理由

   痩せすぎ厳禁!海外セレブも注目のスルフォラファン

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441319235
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック