韓国に今も皇族制度が残っていたら・・・  韓国ドラマ『宮〜ラブ・イン・パレス』

アンニョンハセヨ〜。

日差しは少ないものの、蒸し暑さ全開の今日、
いかがお過ごしでしょうか〜?

現在の韓国にもし、皇族制度が残っていたら・・・。
というちょっと奇想天外のストーリー。

もう10年くらい前の作品なんですが、

韓国ドラマ『宮〜ラブ・イン・パレス』

kun.jpg
(写真はお借りしております)

ユン・ウネさん、まだ可愛い女の子です。

ストーリーは、現皇帝の病が深刻になり、皇太后さまは皇太子のシンに結婚の準備を命じます。
先帝と親友のチェギョンの祖父が生きている時に、お互いの孫を結婚させることを
遺言で残していたのでした。

しかし、シン(チュ・ジフンさん)とチェギョン(ユン・ウネ)はまだ高校生。

それに、シンには、付き合っている恋人のヒョリン(ソン・ジホ)がいました。

シンは、ヒョリンにプローポーズするのでしたが、彼女には
世界的なバレリーナになるという夢があり、あっさり断られてしまうのです。

チェギョンの方は、ごく普通の一般家庭。
父親の借金のせいで、家は経済危機に陥っていて、家を助けるために
ついには嫌がっていた結婚を承諾。

kun2.jpg

シンの方はというと、ヒョリンに振られたこと、同じ高校に通っていたが、
顔も知らなかったチェギョンと結婚なんて、ありえない!
と思っていて、冷たい態度をとり続けるのです。

そして、もう一人の”皇太子”ユル(キム・ジョンフン)。

父(現皇帝の兄)が生きていれば、彼が皇太子になるはずだった。
皇位を取り戻すべく、母親のファヨンと共に、イギリスから戻ってくるのでした。

突然の帰国に皇后さまは、不安な気持ちに・・・。

そして、世間に知れ渡ってしまったせいで、結婚が早まり、
ついに婚礼の儀が執り行われ、入宮、同時に皇太子妃としての教育を
受けることになるのですが。
今までとは全く別世界のことの連続で、前途多難・・・。

そしてユルが同じ高校に通うことになり、親しくなるのでした。

一般家庭のチェギョンがいきなり、皇太子妃となるということで、
クラスメイトには無視されるのですが、ユルだけは味方に。

その頃、ヒョリンはバレイスクールの特待生に選ばれるのですが、
二人の結婚を知り、帰国してしまいます。

振ったものの、未練が残っているのです。

この4人の気持ちが揺れ動いていきます。

その裏では、皇位を取り戻し、ユルを次期皇太子にさせるための
画策が練られていたのです。

そして、さらには、驚くべき事実も徐々に明らかにされていきます・・・。

宮廷内の豪華さやユン・ウネさんが段々、
磨かれて大人っぽくなっていく感じが素敵です!

徐々にいろいろな誤解が解け、少しづつ距離が縮まっていくシンとチェギョン。

お互いの気持ちにも気付き始めます。

チェギョンを想って、離婚? それとも真の夫婦になれるのかどうか。

優しい、ひたむきにチェギョンを見守ってくれるユル。

あなたはどちらを選びますか?

kun3.jpg
kun4.jpg

ちょっと、羨ましくもある、ロマンチックなストーリーです^^

*ポチッといただけたら励みになります!
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村


韓国ドラマ ブログランキングへ

  話題のフルボ酸&美肌水のフェイスマスク




    酷使している目にえんきんで改善

 堂々と素足を見せられる、爪水虫を根絶!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック