韓国ドラマ「傲慢と偏見」

年が明け、今年は何を観ようかと構想中です。
そして、去年の暮れからたまたま観たのが、
「傲慢と偏見」というドラマ。

スクリーンショット 2016-01-04 17.22.05.jpg

法と原則、人とのつながりや愛をテーマに世間の悪と戦っていく検事たちの物語です。
お金のためなら何でもするような悪い奴からお金もなく、弱い人間を
助けたいと、本気で奔走する検事たち。

「仁川地検民生安定チーム」と呼ばれる彼らは、上層部に出世から外された人間たちで
集められたチームだったんです。

新人検事のハン・ヨルム
スクリーンショット 2016-01-04 17.25.52.jpg
ロースクール出身で、見習いの検事。
勉強もでき秀才なのですが、過去に幼い弟を殺されていて、
悪事は絶対に許さない!
法で必ず裁いてやる、と思っている熱血漢溢れるタイプ。

執着心もプライドも意欲も強いのですが、まだまだ実力が伴わず
部長検事からはきつい言葉をいつも浴びせかけられています。

ク・ドンチ 
スクリーンショット 2016-01-04 17.25.46.jpg

スクリーンショット 2016-01-04 16.49.17.jpg

高卒出身で検事になって10年目。
仁川地検の主席検事なんですが、実はヨルムの元恋人でもあるんです。

組織やお金、権力には興味がなく適当に仕事をこなしているように見えて、
しっかり事件を見抜き、追求していく。
人には暖かく、優しい面も持っています。

このチェ・ジニョクさんが出演していたので、つい?!観てしまいました^^
「九家の書」では、山を守る神獣で、(イ・スンギさんの父親だという役)
人間の女性にひたむきに恋をする役でした。

「運命のように君を愛してる」では、キム・ミヨン(チャン・ナラさん)を
好きなんだけど、優しく見守るという役でしたね。

なんだか、キュ〜んとさせられる俳優さん。(というか、役柄)

彼は、ヨルムを助けながら、スマートに解決していきます。しかし、上の人間は
事件知り能力も高い彼を疎んでいるんですねえ。

ヨルムにきつく当たる部長検事は、次長検事への昇進を目指していて
最終は検察総長を夢見ている野心家、ムン・ヒマン
スクリーンショット 2016-01-04 17.26.19.jpg

いつも他人弱みを握っているちょっと嫌な感じなんです。

カン・スはテコンドーの元選手
スクリーンショット 2016-01-04 17.26.26.jpg
駆け出しの検察捜査官で、真面目で純粋な性格。
ヨルムのことが好きです。

そこに、ベテラン検察捜査官のユ・テギや、ヨルムの母親とかが
絡んできてストーリーの層を厚くしています。

ヨルムの弟の死に隠された謎や疑いが少しずつ、解明されていくのでしょうか。

ヨルムとドンチの関係は修復されていくのか。

事件の被疑者と検察との攻防もサスペンスタッチで
アクションもあり、ハラハラさせられます。

ヨルムは、検事として成長していけるんでしょうか。

この民生安定チームは、実は特別なチームなんでは?!

*世界のイベントチケットならこちら*
   *お買い得!フィギュア*





この記事へのコメント