復帰後の韓国ドラマ「サメ〜愛の黙示録」

アンニョンハセヨ〜。
ナムギルssiの兵役が終わり、復帰作となった「サメ〜愛の黙示録」
2年間の公益業務を終えて復帰しました。
same_420main_program_r_420x0.jpg
人気絶頂の俳優さん達やK-POPの歌手の方が2年間も
離れないといけないのは、なかなか辛いことでしょうねえ。
もちろん、彼らを待っているファンも悲しいですよね。

でも、実はナムギルssiは江南区の管轄で駐車違反なんかを
取り締まっていたりしていたそうです。
厳しい訓練ばかりでも無いようで・・・。
(芸能人だから?)
まあ、今は規則違反とか目に付く行動が問題視され、
芸能人の優遇されていたのは無くなったと聞きました。

その復帰作は、「復活」、「魔王」なのど復讐劇の3作目としてのストーリー。
またもや復讐劇ですね^^;

母を亡くし、まじめな父に育てられたハン・イス(ナムギル)。
ある事件に巻き込まれその父を殺されてしまいます。
そして、彼も殺されかけたのですが、ある人物に秘かに助けられていたんです。

それから月日が流れ、日本のジャイアントホテル社長となって
顔も名前も替えて韓国のホテル買収のために戻って来たのでした。
もちろん真実を知るため、そして復讐を遂げるために・・・。

そのターゲットとなるのは初恋の相手チュ・ヘウ(ソン・イェジンssi)。
same-soukanzu.jpg

ソウル地検の検事になった彼女もまた、事件を知り、自分の祖父を疑っています。
ハン・イスのことをどこか忘れられないでいる彼女。
切な過ぎます。

そして、彼がハン・イスだと気づき復讐を止めさそうとしますが
祈りもむなしく・・・。

そんな悲しくせつないストーリーの中で、癒してくれるのは
イスの妹イヒョン(ナム・ボラちゃん)の存在。
可愛いですねえ、彼女にオッパ〜って言われたら嬉しいよね、きっと!

養父母の元で突然いなくなった兄を心の中でずっと待っています。
そんな妹を遠くから見つめるイスの眼差しが泣けて来ます。

そして、そしてやっぱり復讐を遂げた彼を待っていたのは・・・

またかいな〜。

それでも、もうすぐ帰って来ると信じている病気の妹の移植をするまで
生きた彼の凄さはまさに、鮫のように。

ちょっと、悲し過ぎるので次の作品は明るいやつで
お願いしま〜す

この記事へのコメント