韓国ドラマ〜「善徳女王」ピダムさま〜

アンニョンハセヨ〜。
今回はナムギルssiの演技力が韓国のお茶の間でも
認められたと言っても過言ではないこのドラマ。
「善徳女王」(ソンドク女王)
2009年に韓国で放送され、回を追うごとに
視聴率が上がり二人に一人くらいが観ている感じだったとか。

sonndoku.jpg
新羅の時代の王室に二人の女の子が生まれます。
しかし、双子が生まれると、王族の男子が途絶えるとの言い伝えが
あったために妹のほうは、隠され侍女に託され王室から出て行くことになるのです。

そして、遠くは慣れた地で暮らしているのですが、
敵対する王室の勢力から追われる身分に。

このドラマ、なんと63話(だったかな)まであるので
ずっとためらっていたんです。
何故かって?
何と言っても彼の出世作なので、もっと知るためには
ぜひ観ておきたいのですが、仕事で疲れて帰って来て
ドラマを観れる時間は毎日1話くらいだったから。

そしてTUTAYA宅配レンタルで借りていたので、月に4回(8話分)...。
よ言う事は、8ヶ月弱。
観終わるまで結構かかります。

でもそんな事言ってられない(なんか大げさ^^;)
観始めたら、なかなか出て来ないや〜ん!
いつでしょう〜。

で、先に観ていた知り合いに聞いたら
まだまだだよー、20話くらいだったかなあ?って。
ひ、酷い!
後からしったんですが、ナムギルssiは最初
そんなに重要な役ではなかったようですね。
それが登場して段々、彼の演技力が認められて
お茶の間からは「もっと出して!」と強い要望があり、
結果とても重要な役柄となっていったようです。

そして、ついに出た〜、待ってました!
登場してしばらくは、ちょっとお茶目な姿なんかも見れたりしてね。
トンマンとは友情を育み、恋心を持つのですが
自分の出生を知ってからは権力を持とうと考え始め・・・。
tonman001.jpg
pidamu.2jpg

最後はやっぱり悲しい、せつない結果になりました。

でも、やっぱりトンマン王女はユシンよりピダムが好きだったのよね。
みなさんもそう思うでしょう?

ではまた次の作品でね、アンニョン!

この記事へのコメント