「リメンバー〜記憶の彼方へ」ナム・グンミンssiの新境地?!

アンニョンハセヨ〜♪
見終わりました、「リメンバー~記憶の彼方へ」

remember1.png

主演ユ・スンホssi&パク・ミニョンssi
そして、ナム・グンミンssiが憎らしいほどの悪役を演じています。
(ゆるゆるっとネタバレしています〜)

*韓国語と日本語に似ている発音がありますが、
記憶・・・기억もキオクと同じですねえ。
(若干、発音の仕方は違いますが)

殺人の濡れ衣を着せられてしまった認知症の父親を救うために
弁護士になったジヌ(ユ・スンホ)

一度見たことは記憶するという天才的な記憶力を持っています。

ユ・スンホssiは子役からのスタートで、
すでに軍隊での兵役を済ませているんですよね。
まだ24歳だから、これからはゆっくりと
俳優業に専念できるということです。

ジヌはごく平凡だけど幸せな家庭で両親と兄と暮らしていました。
幼い頃のある日、事故で母と兄を亡くしてしまいます。

それからは父ジェヒョクとジヌの二人、つつましく暮らしていたのですが・・・。
ある事件が起こってしまいます。

顔見知りだった女性の遺体を発見した父ジェヒョクは、
認知症の症状が出始めていて、供述が曖昧なため
容疑者として逮捕され、自白を強要されます。

実際には、イログループの御曹司ギュマン(ナム・グンミン)が犯人。
remember2.png
父のナム会長が何かあれば、いつも助けてくれていました。

お金で検事や裁判官を買収して、もみ決してしまうのです。
そんな父に守られながら、反省の色もなく、
傍若無人な行いを続けているのでした。

そんな頃、ジヌはイナ(パク・ミニョン)と
運命的な出会いを。
remember3.png

ジヌはなんとかして父の濡れ衣を晴らしたいと、
負けなしの弁護士ドンホに(パク・ソンウン)に
弁護を依頼。
彼はヤクザ出身の弁護士。

しかし、途中で裏切られ、ジヌは父を助けるために
自ら弁護士を目指し、
若くして弁護士になったのです。

そんなジヌをイナは支えようとするのでした。

ジヌはギュマンとイログループの数々の悪事の真実を暴いていくと、
復習を誓うのです。
remember5.png

ギュマンを演じたナム・グンミンssi、今までも "悪人" を演じたことはありますが、
この狂気に満ちた悪役はちょっと怖いです。

私利私欲のために、刑事も
担当検事や裁判官までもが
父を有罪に仕立て、ついに死刑判決が・・・。

次第にジヌのこともわからなくなってしまうほど認知症が進む父。
remember4.png

そして、罪を晴らすことなく父が亡くなってしまい、悲しみにくれるジヌは
さらに復讐の念を強めていくのです。

証拠が出てきても巨大な力でもみ消されて、イライラし、悔しい気持ちになります。

そんな時、ジヌにおかしな兆候が現れ始め、

主治医の言葉に呆然と・・・。

なんと、ジヌは父と同じ認知症になっていたのです。
少しずつ記憶がなくなり始めます。
remember7.png

そして、裏切ってイログループの手下となっていたドンホも
ジヌに協力するため戻ってきます。

実はジヌの母と兄が亡くなった経緯には、ドンホの父が起こした事故は
関係していたのです。
(これもイログループの会長の仕業だった)

他の暴行事件からギュマンを追い詰め、悪事を自白した動画を世間に公表。
remember6.png
やっと動き出すかと思いきや、どんな汚い手を使っても阻止する
会長だった・・・、のですが。

自分をずっと見下していたスボム(ギュマンとは友達で秘書)は、ギュマンが殺人に
使ったワインオープナーを証拠として提出。

追い詰められたギュマンは中国に逃亡しようとしたのですが、
捕まってしまうんですねえ。

父のナム会長にも見捨てられ・・・。


ジヌの父の容疑も晴れ、無罪になりました。
生きていて、この無罪の判決を聞いて欲しかったです。

ジヌはずっと支えて行くと言ったイナの気持ちにも
答えることなく、去って行ってしまいます。

remember9.png

最後は少し、これからの二人が気になるような終わり方だったけどね。

新境地を開いたナム・グンミンssiの
狂気に満ちた悪役の演技と
ユ・スンホssiの大人っぽい演技にドキドキ。


いい思い出だけは消えないでほしいな、なんて思ったドラマです。


にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村


韓国ドラマ ブログランキングへ





洗うほどにお肌にハリツヤ!プラセンタ洗顔フォーム