韓国映画 ソン・ジュンギさんのピュアで切ない演技〜『私のオオカミ少年』

ソン・ジュンギさんが主演で体当たりの演技、
韓国でも純愛に涙した若い女性に人気があった映画。

2012年に韓国で公開され、ラブロマンスものの映画では、
6年ぶりに1位の記録を塗り替えた作品だそうです。

『私のオオカミ少年』

ookami.png

月を見ると遠吠えし、極限の怒りに触れると
オオカミに変身・・・、何処かで聞いたような話だったりするけど。

あの”美しい” ソン・ジュンギssiがオオカミに変身するというのも
どんな感じなのか興味がありました。

(軽〜くネタバレしています)

ストーリーは、
外国で暮らして居るスニ(おばあちゃんになっている)の元へ
韓国から1本の電話が。

韓国に孫と一緒に一軒の古びた家を見に戻ってきたところから
物語はさかのぼっていきます。

父親が亡くなり肺の病気のため心を閉ざしていた
少女スニ(パク・ボヨンさん)は
家族と一緒に田舎に引っ越してきました。

そんなある日、家の片隅の暗闇の中で身をひそめる少年を見つけるのです。
その少年は、鋭い目つきで、言葉も話せず人間らしくない行動を。
ookami6.png

警察や役所に相談し、施設に引き取ってもらうおうとするのですが、
養護施設なら引き取ってもらえるという言葉を聞き、
スニは断ってしまいます。

そして、家族と一緒に暮らすことに。
チョルスと名付けられ、なぜか気になるスニは、ちゃんと人間として
生きていけるようにと、言葉や食事の仕方など教えるのです。

オオカミのような目つきで人間を警戒していたチョルスも
優しく接してくれるスニに次第に心を開き、特別な感情が芽生えてくるのでした。

ookami5.png

血液型も不明、驚異的な身体能力を持ち、オオカミのような行動。
どうして人間と離れ今まで暮らしていたのか、
どうやってそんな風になってしまったのかという経緯などは
描かれていませんが、存在してはいけないオオカミ少年だったのです。

少しずつ、言葉の意味も覚えていきます。
スニは「愛犬のしつけ」の本で、「待て(기다려・・・キダリョ)」という言葉で
食べ物を見た瞬間に手づかみで食べるのを止めたりします。

世の中や人間にも馴染んでいきそうな時、
事件が起こるのです。

大家の息子のジテ(ユ・ヨンソクさん)が、スニを自分のものにしようと
迫り、仲間と一緒に連れて行こうとした様子を見てチョルスがオオカミに!

隠されていた彼の本性が明るみ出てしまいます。

真実を知ってしまったスニもチョルスにどう接していいのか悩みます。

そして、ジテはチョルスを葬り去りたいと策略を考えるのです。

ソン・ジュンギさんの圧巻の演技が見ものです!

セリフも最後にしかないのも今までの演技とはまったく違う役柄。

「トキメキ☆成均館スキャンダル」、「太陽の末裔」などでは、シュッとした^^
かっこいい役柄からは想像もできない役でした。
ookami4.png
“少年”と言っても、ソン・ジュンギさん、この時は27歳。
しっかりと”少年” を演じきっていました。

相手役のパク・ボヨンさん、どことなく「井上真央さん」と似ていると
思っていたのは、私だけではなかったようです。
ookami9.png
すごく可愛かったですよ。
ookami2.png

そして月日が流れ、最後は感動の再会が待っていたのでした。

光が漏れている別棟に行ってみると、そこには・・・。

山の中に置き去りにし、この家から引っ越していく時に残した手紙。

「待っていて、戻ってくるから」と書かれていたその手紙を信じ、
ずっと待っていたチョルスの姿が・・・。

昔のままの少年の姿。

スニは自分だけ幸せに暮らしていた月日を彼に詫びるのです。

チョルスは「待っていた、会いたかった」と言葉を発し、
スニは涙して抱きしめるのでした。

そして、「この家は売らない」と言い残し、去っていくのです。

その車を離れたところで見つめるチョルス。

なんか切ない・・・。

ファンタジーラブロマンスの物語です。
ookami7.png



韓国映画 ブログランキングへ


ポチッと押してもらえたら感激です!
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村





 韓国芸能人も愛用!セクシー系ファッションD&B

韓国ドラマ「名もなき英雄(ヒーロー)」〜壮絶なアクションシーンも満載

アンニョンハセヨ〜。

見始めは、どうなんだろうと思いながらも
しっかりと最後まで目が離せないドラマとなりました。

主演のパク・シフさん、シュッとしたお顔なので
こんなアクションシーンを繰り広げるイメージでは
なかったのです。(私的に・・・)

「名もなき英雄(ヒーロー)」

namonaki.png

将来を嘱望された中央情報局員だったペク・シユン(パク・シフさん) は、
マカオでの3年前のある任務中に後輩のジヌを
目の前で殺されてしまいます。

シユンは責任を取って、刑務所に入れられ、3年後に出所。
その事件の真相を探るため、
情報局のOBたちが集う「Bar隣人」を買い取り経営することになります。

ある日、シユンは「Bar隣人」のアルバイト、ジョンヨン(少女時代のユリ)と
その友人が暴漢に襲われそうになっているところに遭遇し、
正体を隠しておきたいシユンはとっさにキャップとマスクで顔を隠し、
2人を助けます。

脚本家を目指すジョンヨンはそれをきっかけに、自分たちを助けてくれた
人物の正体を探ろうとするのです。

一方、警察官志望のチャンギュ(イ・スヒョクさん)は
ひょんなことから出会った警察官テホ(チョ・ソンハ)の依頼で
情報局のOBを尾行していました。

ところがある日、そのOBが殺されてしまうのです。

そんな中シユンの前に、3年前の事件以来連絡を絶っていた
元恋人ソアン(チェ・ユンソ)が現れ、
なぜ、シユンが姿を消したのか、詰め寄るのですが。

namonaki2.png

店の前のオーナーのファンを次の尾行ターゲットに指示されたチャンギュは、
「Bar隣人」に毎日のように現れるので、ジョンヨンは自分に気があるのかと
思い込み、帽子のマークとマスクからチャンギュが自分たちを助けてくれた
“影”のヒーローだと勘違い。

一方、文化通りが再開発のため、強引な地上げにあっていました。
それを手がけるニュースター・インベストの社長サンミンも暴力で
店主たちを追い出そうとしていました。

このサンミン役の俳優さん、ユン・テヨンさん。
渋いです〜。

namonaki3.png

「夜警日誌」では、夜警隊長として、少し影のある役を
演じていらっしゃいました。
私はこのドラマで、初めて知ったのですが、とても興味を
持ってしまいました^^

「夜警日誌」では先王に忠誠を尽くすいい人の役でしたけどね。
今回はとても悪い人です^^;

事業を進展させたいサンミンは、邪魔な"影"を
始末しようと企てます。

手下のポンチョルは、チャンギュが “影”だと
思っています。

イ・スヒョクさん、ちょっと喧嘩は強くなく情けない場面も
ありますが、”影”に憧れ、シユンが、本当の”影”だと知ると、
強くなりたいと、憧れるのです。

そして、ファンが、回顧録を持っていると
突き止めた中央情報局によって命を狙われるのです・・・。

刑事のテホは、事件に関わって副業をしてしまったことを
後悔していました。


そして、過去の事件や回顧録にまつわる殺人などの黒幕が
徐々に解明されていくのですが・・・。

パク・シフさんの肉体美や、アクションシーンが
度々登場します。

韓国の俳優さんは、鍛えていらっしゃる方が多く、
お顔とミスマッチな感じもする方も多いのですが、
パク・シフさんもそう感じていましたが、
カッコ良かったです!

ジョンヨン役の(女時代)ユリさんは、可愛くて
好奇心旺盛な役柄がぴったりな感じで好感が持てました^^

結構、激しいアクションシーンが多いのですが、
最後は正義は勝つ!
で終わったことで、すっきりしました^^v


いつも訪問いただいてありがとうございます!
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村



韓国ドラマ ブログランキングへ


 72時間持続手汗を抑える!テサラン



 強力抗酸化サプリ・BACK10 で10年前に若返る?!