韓国ドラマ・「ファッション王」

アンニョンハセヨ〜。
暑い毎日いかがお過ごしですか?
暑い日は涼しいお部屋で韓国ドラマを観て過ごしましょう!

今日は少し前の、たまたま?!観た「ファッション王」
ユ・アインさんの主演作品です。

fasionking_420main_program_r_400x0.jpg

それほど有名な作品ではなかったかもしれませんが、
東大門からファッション業界でのし上がろうとする彼らが繰り広げるストーリーに
興味があったので、観ていました。

ファッションデザイナーを夢見るイ・ガヨンは(シン・セギョン)、
亡き両親のブティックを引き継いだ店の元従業員チョ・スニの元で不当な扱いにも
耐えながらミシンを踏んでいる毎日。
そんな彼女にニューヨーク・ファッション・スクール合格の知らせが届くのですが、
スニは隠してしまいます。

そんな時、スニの娘の不始末でボヤ騒ぎが起こり、それをガヨンのせいにして
追い出してしまします。行く宛のないガヨンは通りがかった東大門の小さな工場で採用されます。
そこは、社長のカン・ヨンゴル(ユ・アイン)が一流ブランドのデザインをコピーしていち早く
東大門で売り出し利益を得ている会社。
このあたりまでは結構、リアルな感じがして面白い。

しかし、ヤクザから借金の取り立てで追われています。
そんなヨンゴルのために、ガヨンは自分がデザインし、その服が大ヒットして
借金を返済しました。
ガヨンの才能、そしてニューヨークのNFSに合格したことを知ったヨンゴルが渡航費を
出して、彼女をニューヨークへ行かせます。
5e83d1a9eda23f6778ce9d81de5a8c811.jpg


ヨンゴルはまた再び借金で追われるはめになって、かに漁船に乗り、
たどり着いたのがガヨンがいるニューヨーク。
そこには、高校時代の同級生で財閥の2世のチョン・ジェヒョクがいて、
彼にお金を借りようとするのですが全く取り合ってもらえません。

ガヨンはニューヨークに来て、困っている時にジェヒョクに助けを求め、便宜を図ってもらっています。

ひょんなことから世界的デザイナーに才能を買われたヨンゴルでしたが、
かに漁船の暴動の首謀者とされて韓国へ送還され1年の刑を言い渡されてしまいます。

そして、1年後、韓国へ帰って来たガヨンとヨンゴルは一緒に仕事を始めるのですが、
ガヨンに惹かれるジェヒョクは父親が経営するファッションブランドで働くようにと
誘い、何かとヨンゴルの邪魔をします。
ヨンゴルは何とか、ファッション業界でのし上がって行こうと奮闘するのですが。

話自体はありそうで興味が湧いたのですが、ガヨンはヨンゴルに惹かれているわりには
ジェヒョクの元へ行ったり、はっきりしませんねえ。
最後までモヤモヤしました。(どっちやねん?て)
ジェヒョクも彼女の気持ちがわかっているなら、すっぱり諦めて
ヨンゴルの元へ行かせてあげる男らしさ、潔さを見せてもらいたかった。

そしてもう一度、ガヨンとヨンゴルは東大門で一からやり直して
頑張る!という感じで終わって欲しかったですねえ。

えっ?! 何で? そんなことに・・・?
って思う終わり方。
後味悪〜!
作者は何を伝えたかったのでしょうか?
まっすぐに地道に生きろ!ってこと?
どんでん返しを狙った?
(ここで終わると思ったやろ〜? でも違うんやで〜みたいな)

モヤモヤしてます〜。
観られた方も多分ね・・・。

でも、興味のある方は是非! ^^;