韓国映画「無頼漢」〜前評判は・・・!!

アンニョンハセヨ〜。

眠ってもクーラーが切れたら目が覚めてしまうっていう人も
多いですよねえ。
私はありがたいことに、一度眠ったらクーラーガ切れても
朝まで目が覚めずにぐっすり眠れます。
ただ疲れているだけだったりして〜 ^^;

先日、日本で「無頼漢〜渇いた罪」の完成披露試写会が開催され、
配られたプレスリリースには映画関係者による講評が寄せられていたようです。
「洗練、スタイリッシュ、ノアール、円熟の演技…」など絶賛の言葉が書かれていたそうです。

何だか今からワクワクします。

20150801160239-horz.jpg

気になるストーリーは、
刑事と情婦、許されない愛の行方 が・・・。        
殺人課の捜査官チョン・ジェゴン(キム・ナムギル)は
ある殺人事件の容疑者を追っていました。
容疑者の恋人であるカラオケバーのママ、キム・ヘギョン(チョン・ドヨン)の
存在を知ったジェゴンは、身分を偽って店に潜入捜査をすることに。
ヘギョンは辛抱強く恋人パク・ジュンギル(パク・ソンウン)が戻ってくるのを待っていましたが、
いつも自分の傍にいてくれるジェゴンに次第に心を開いていくのでした。
また違ったナムギルssiの顔を見る事が出来る作品ですね。
観られた関係者の方々も絶賛されていたので、凄〜く楽しみ!

カンヌ映画祭では賞をとる事は出来ませんでしたが、
存在感は充分に見せつけたのではないでしょうか。

映画は10月3日(土)より上映されます。

【7月4日(土)よりオリジナルポストカード付き前売券を発売!】されています!  
オリジナルポストカード付き 特別鑑賞券  1,500円(税込)
シネマート新宿(東京)、シネマート心斎橋(大阪)にて発売

 公式HPアドレス               
http://www.finefilms.co.jp/buraikan/

DSC_0611.jpg

私もしっかり確保致しました
DSC_0613.jpg
ポストカードは本来は5種類から2枚選べたのですが、
発売から1週間たっていたので、3種類しか残っていませんでした

今は「パンドラ」の撮影も終え、さらに次の作品の撮影に入るとか。
忙し過ぎて日本へはしばらく来てくれそうにないですか?
ちょっと淋しいですが、映画はいっぱい観れるのが嬉しいです。
日本での大ヒット! 期待しています。

ではまた、アンニョ〜ン。
posted by ちょあミント at 22:07大阪 ☀Comment(0)映画

韓国ドラマ「夜王」OST〜君は知らない(キム・ナムギル)

アンニョンハセヨ〜。
今日も暑くてアイスが食べたい。
この前、テレビで紹介してた「甘酒アイス」が気になっています〜。

さて、ナムギルssiの演技がすばらしいのはもちろん、
歌声もなかなか素敵ですよねえ
CDも出されていますが、ドラマのOSTも歌っていて
注目されました。

yaou2.jpg

ドラマ「夜王」
ストーリーは極貧の生活から抜け出し、
ファーストレディになることを夢見るダヘ(スエ)と、
彼女のため全てを犠牲にするハリュ(クォン・サンウ)の物語。
『野王』の 初回は、青瓦台に響き渡る一発の銃声で幕を開けます。
このシーンがこの作品のすべてを物語るように・・・。
一般人の出入が厳しく制限されている青瓦台ですが、
この作品でダヘは結局自分の夢を実現するのでした。
反面、彼女のせいで全てを失ったハリュは憎悪の復讐に燃えていきます。
クォン・サンウssiの悲しげな表情と愛していた人をも
裏切り蹴落としていこうとするスエssiの恐ろしささえ感じる迫真の
演技はすばらしいと思いました。

そして、
キム・ナムギルssiは『野王』のOSTである「君は知らない」を歌っています。
『野王』のOSTに、どんな歌手が加わるのか関心を寄せられていたのですが、
俳優のキム・ナムギル ssiの抜擢はかなり意外だったようです。
そりゃそうですよね。
歌手でもない彼が、しかも自身が出演していないドラマの
主題歌を歌うのは、極めて稀なことです。

「君は知らない」は主人公たちの悲哀に満ちた愛のテーマ曲。
2人の悲恋がナムギルssi特有の美声で哀切感が高まります。
歌手兼プロデューサーのパク・ソンジュssiの作詞作曲で、
3オクターブに近い音域 にも、全くぶれないダイナミックでパワフルな歌唱力を誇示し、
非情なメロドラマのテーマによくマッチしているという高評価だったそうです。

本来はパク・ソンジュssiが彼に贈った曲で、自分のファンミーティングのステージで歌ったのを、
『野王』のOST関係者が耳にしたのをきっかけに、ドラマの主題曲に採用されたらしいです。

こんなところでも活躍していたんですね〜



うっとり〜!
ではまた、アンニョ〜ン。
posted by ちょあミント at 18:51大阪 ☀Comment(0)日記